バラシの森Ⅱblog

磯でグレ、夏は鮎時々近くの山にも。

二日連荘で銅山川へ

令和二年八月八日(土)

3連休初日銅山川に行ってきた。囮は佐藤師匠が用意してくれ先週と同じポイントに師匠、師匠の連れの中内さんの3人で入った。

師匠は一番上流、瀬の中間に中内さんで最下流(岩盤の上)にじぶんが入り9時頃スタート。

先週と同じポイントだが中々掛らず1匹目の囮が直ぐ弱り、囮を2匹めに換え錘1号と背針で何とか掛る。

先週良く掛った岩盤の上の瀬が余り掛らず、何処もポツポツで右岸を最下流まで釣り下り昼飯に。
ポツポツだったがバラシやトラブルが殆ど無く昼までに15匹。

昼からは、やり難そうな左岸に入りまずまずのペースで掛ったが、岩盤の最深部で今日一の囮で更なる大物をと待っていると小さなアタリで掛ったのは超大物(ニゴイ)、余り引かないので岸に引き寄せると葦に擦れ敢え無くラインブレイク、今日一囮を取られショックで(>_<)。

ニゴイをばらした後は何故か針外れが連発で午後4時納竿、午後の部10匹で合計25匹。
翌日、友釣り初心者(底物師)と来るので囮を多めに川に沈め師匠が降りてくるのを待つ。

師匠、中内さんお疲れさんでした。
師匠50数匹はさすがです。

平均サイズ(18~9cm)
001

師匠(右)と中内さん
003


令和二年八月九日(日)

連休二日目、今日はクラブの三崎さん(初心者)と一緒に昨日と同じ銅山川のJR下へ。

今日は何としても三崎さんに循環を味わって貰いたく自分は瀬の中間、三崎さんはその下流で取り敢えず竿を出してみる。

竿を出しながら三崎さんを見ていると時々掛っている。自分の方もポツポツで昨日より更に小さい。
昼頃、雨が降り出したので降りていき昼飯に。

この時点で自分が11匹、三崎さんは5回ぐらい掛ったみたいだが・・・

昼からは更に上流に歩いていき前日、師匠が釣っていた少し下流の瀬を釣り上がるが、瀬を釣り上がるのは非常に難しくて思うようにならない。思うようにならないまま時間も4時を過ぎたので納竿。
三崎さん10匹程掛けたが・・・

三崎さんお疲れさんでした、また行きましょう。

スマホで写すのは難しい
004


010


釣果 8日 15~21cm 25匹   バラシ ニゴイ1 針外れ数回

   9日 13~20cm 22匹   バラシ 針外れ一寸



仁淀で丸坊主!翌日(日)は銅山川で大会?

令和二年八月一日(土)

何時もは仕事の第五土曜が棚卸で休日になったので勇んで仁淀に行ってみた。

先週木曜に岡矢さんがボチボチ掛けた黒瀬のキャンプ場に行ってみると、何所かの大会みたいで入るところが無く出来地の中州に行ってみる。

先に来ていた人が瀬に入ったので瀬肩に初めて入ってみた。広い瀬肩で手前から沖へと囮を泳がすが1時間半でアタッたのはゴリの1回だけ、後は変化も何もなく終了。

次に入ったのはゴンドウの右岸、2匹目の囮で岩場が切れる所まで釣り下るが此処も全く変化が無く、全くの坊主で昼過ぎ納竿。翌日銅山川の大会にオブザーバーで参加予定なので早めの帰宅。

大会の黒瀬
003

出来地の瀬肩
001

ゴンドウ(右岸)
005

令和二年八月二日(日)

仁淀坊主の翌日、某クラブの大会に集合時間前の7時半銅山川に着く。今日の大会は3匹の合計重量が軽い1位、2位に急遽決められ少し困惑。会長の挨拶やルール説明、囮配布が終わりイザ出陣。

川に降りる道も良く知らないので、クラブの参鍋さん親子に先導して貰い入った所はJAの下、少し上流に入ってみたがアタリが無いので、前日40匹ほど抜かれている岩盤の上に入ると直ぐ掛りだし、バラシ半分取れるの半分で検寸時間(12時~半)前の11時半までに、囮(2匹)込みの10匹。

軽い3匹(この時点で参鍋(息子二人)さんに負けている)を持って検寸に一応出してみる。

検寸、表彰が無事終わり参鍋さんらと昼飯を食べ、小一時間休憩し4人でもう一度同じ所に降り午後の部開始。

まだやって無かった岩盤を釣り下ると型は少し小さいがコンスタントにアタリが有り、バラシも減り久しぶりにとっても楽しい。(昨日の悪夢を忘れさせてくれる)

楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、岩盤最下流まで試しPM4時過ぎ皆と一緒に納竿。


囮配布風景
006

最初のポイント
008

特別賞(鳴門から参加)
009

優勝(弟)2位(兄)の参鍋兄弟
010

小さいのはダム湖産か??
011

久し振りのWツ抜け(今年初)
012

参加者の皆さんお疲れ様でした。
大会に誘ってくれた佐藤師匠、矢野会長、囮の準備や案内まで大変世話になった参鍋さん、
有難うございました。(また呼んでください)

釣果 17~22cm 26匹 バラシ キャッチミス2回 針外れ多数

仁淀川(黒瀬キャンプ場前)

令和二年七月二十三日(日)

連休で水位が下がった仁淀川に三崎さん岡矢さんと行ってきた。前回偵察しに来た黒瀬キャンプ場前に8時前に着くと川遊びやキャンプの人が沢山いたが友釣りはまだ誰も居なかった。

岡矢さんは瀬肩の上流の広いトロ場、三崎さんも瀬肩で始め自分は暫くの間三崎さんの釣りを見る。三崎さんも慣れてきて何とか釣りになりだしたのと他の釣り師も4~5人来たので何時ものように瀬から始める。

暫く何もなかったが少し波立ちが大きいポイントで初アタリ、此れは何時ものように針外れでバラしたが直ぐにまたアタリが有り何とか囮交換でき二匹目も。時々三崎さんの方を見ていると2回取り込むのを確認して一安心。

その後ポツポツ当たるが相変わらずバラしたりして一向に数は増えず岡矢さんも降りてきたので昼飯に。

昼飯の時地元のベテランが昨日の午前中は良かったが今日は全く駄目で誰も掛けてない瀬はフラットになったので余り掛らないとのアドバイス。

小一時間雑談してまだ早いかも判らないがキャンプ場のすぐ前の平瀬も試してみるが全くアタラず、元の瀬に戻りやり残したところで始めると今日一の22cmその直後アタリが有ったが掛らなかったので引き寄せてみるとハリス1.2号がハリス止めから切れている。その後良型を追加しまたアタッたが今度は7号の針が折れている。

針を変え同じ付近を釣るがその後はアタリが無くなり皆も竿を仕舞っているのでPM3時半納竿。

001

002




003


004


釣果 15~22cm 7匹  バラシ数回(針外れ ハリス切れ 針折れ等々)

今回もやはりバラシは改善されず・・・
三崎さん釣果は有ったが曳舟を流し・・・(ダイワの白と赤の曳舟)
ギャラリー
  • 二日連荘で銅山川へ
  • 二日連荘で銅山川へ
  • 二日連荘で銅山川へ
  • 二日連荘で銅山川へ
  • 仁淀で丸坊主!翌日(日)は銅山川で大会?
  • 仁淀で丸坊主!翌日(日)は銅山川で大会?
  • 仁淀で丸坊主!翌日(日)は銅山川で大会?
  • 仁淀で丸坊主!翌日(日)は銅山川で大会?
  • 仁淀で丸坊主!翌日(日)は銅山川で大会?
  • ライブドアブログ