バラシの森Ⅱblog

磯でグレ、夏は鮎時々近くの山にも。

令和6年7月20日(土)

金曜日タチバナ釣り具にオトリが入るとの事で早速土曜日に行ってみたが、前日の夕立が凄く少しだけ増水、其れならばと昨年遡上の良かった銅山川の遡上状況の調査に行くことに。

銅山川に着きJA下に降りると川は綺麗、期待をして3~40分程試したが全く掛からず調査終了。
014


015


此処から嶺北に行く県道162号線、汗見川に出るそうなのでその道で行ってみるが途中舗装の無い所が有ったりで結構楽しかった。

汗見川に着くと先週とは打って変って渇水、先行者有りで諦め地蔵寺川に。地蔵寺川も殆どの場所が塞がっていたが何とか入ることができ、12時前にスタート。

良さそうな所を彼方此方探り、何とか掛けたのは何か形が可笑しい大型鮎。1時間程粘ったが掛かったのは此の奇形の1匹だけでまた瀬変わり。

立川川を覗くと何故か白川状態で先週と同じ穴内川へ。穴内川では先行者に挨拶を交わし14時過ぎ始めると上流の歩道橋の下の瀬で連発、5匹目が掛かり所が悪くその後は何所を狙っても全く掛からなくなり午後4時前雷鳴がなりだしたので納竿。
017

018

021


令和6年7月6日(土)

2週間振りに快晴の週末金曜日、近くの満濃池で天の川の撮影にチャレンジ。20時過ぎには薄かった天の川も21時過ぎ辺りから目視でも解るようになり22時過ぎまで粘って撮影。
112


天の川を撮影した翌日土曜日、午前中に少し用事が有ったので少し遅めの10過ぎ嶺北の窪添オトリ店でオトリと年券を購入。
015




大将の話では早明浦ダムのダム尻より上流に今年は沢山の遡上が有ったとの事で、アワヨクバ入れ掛りと妄想し行ってはみたが、釣り場も降り口も全く判らず何の収穫も無いまま地蔵寺川まで戻ってきた。

地蔵寺川に戻ると良さそうな場所は殆どが釣り人が入っていて此処も断念、昨年増水時に一度だけ来た汗見川の友釣り専用区にきた。

先行者がまだ橋の所にいて橋より上に入るそうなので昼飯を済ませ橋より下へ入らせて貰う。
昨年来た時は橋の上で殆どいたので此の場所は初めて、何処で掛るか判らないので何時もの様に瀬に入り始めると13~4分経ったとき良型鮎がヒット。

2匹目は少し小振りでまた15~6分で来た。3匹目は30分位かかったが24cm程の大型。
この鮎が掛った後は吉野川本流との合流(カヌー場)まで釣り下がったが全くアタリが無い。

時間も15時過ぎになっていたので橋の上に行ってみて空いてなかったら帰ろうと思いつつ行ってみると先行者は何所かへ変わったのか空いていたので試しに入ってみる。

仕掛をセットすると手尻が30cm程長くなっていて直そうと天井糸の編み込み部分で調整しようとすると全く動かず長いままやってみることに。

橋の上左岸からオトリを入れると直ぐに掛り引き抜くと何とか上手くキャッチ2匹目も直ぐ掛りトータル5匹、此れが続ければツ抜けも出来るかなと思い掛った周辺でもう少しと思った時根掛り、どうしても外れず外しに行きポイントを潰したのでそのまま右岸へ。(右岸の方が釣りやすい)

右岸からやるとまた直ぐ掛り右岸で2匹目の時引き抜くと相当の大物で目の前でバウンド、痛恨のキャッチミス、キャッチミスの後もアタリは続き17時10分まで粘り納竿。数を見てみると込み12匹で丁度プラス10匹で何とかツ抜け。彼方此方彷徨った挙句橋下の貧果、でも最後よければすべて良しになりました。


019


021




釣果 15~24cm 10匹 バラシ キャッチミス1 針外れ1~2回





令和6年6月15日(土)

テレビ等で天然遡上が少ないと噂の吉野川に行ってきた。

097


099


タチバナ釣り具に行くと客は自分だけ、大将と暫く雑談し生コンの瀬に行くと解禁前の大雨の爪痕が道の周りの彼方此方に残っている。

予想どうり川は貸切で手前の瀬の肩からAM8時スタート。アタリ(反応)が無いまま30分程たった時オトリが根に掛りラインブレイク。でオトリと仕掛けをロスしてしまう。

川には食跡は有るが野鮎は薄いと判断し、この瀬で流れが一番強そうな場所にポイントを変ると反応が有り蹴られも有り、30分位経ったとき背掛りで良型鮎が来た。

掛かった鮎が22cm程と大きいのでアーマード0・06号の仕掛けをメタコンポヘビーの0.1号に替え準備万端。

仕掛けを替えていた時地元のFさんが見に来て状況を伝えるとFさんはグラウンド前の瀬に行った。Fさんが来る前に一人瀬肩に入ったが状況は判らず。

新しい仕掛けで掛った周辺でオトリを引くと暫くして2匹目、2匹目腹掛りだっが次が直ぐ掛ったが針外れ、オトリも弱り最初の天然に変えると時間は少し掛ったが3匹目も。

グラウンド前に行っていたFさんが帰ってきて中州に渡り再開。自分は同じ所で粘る作戦で4匹目を掛け、その後反応が無くなったので昼飯。

022


カップラーメンを作ろうとお湯を沸かしていると箸を忘れているのにきずく。箸を作ろうとしているときFさんが戻ってきて箸を分けてくれ無事ラーメンを食べれた。

昼飯後も掛ったポイントに入ると直ぐに掛ったが引き抜く時針外れでロケット噴射、オトリを使っていない養殖に替え同じ所にオモリを付けて沈めると17cm程の吉野川ではチビ鮎、それをオトリに連発で(同じ場所)12~3cm2匹。

その後アタリは無くなり、2時半頃最後の偵察に中州に渡り最良のオトリを選び釣り下がり、少し釣り下がった所でアタリ、掛ったと思ったがシッカリ掛ってなかったのか針が外れ、その後はアタラず3時半納竿。

028


043


045


釣果  12~22 7匹 バラシ針外れ 2 

YouTubeにUP




↑このページのトップヘ