バラシの森Ⅱblog

磯でグレ、夏は鮎時々近くの山にも。

鮎釣り最終日に尺鮎(吉野川)

令和二年十月四日(日)

今日は釣れても釣れなくても竿を仕舞おうと決めて、坊主覚悟で尺鮎を狙って吉野川に行ってきた。
タチバナ釣り具に8時頃着くと、尺鮎ハンターの石川さんと浦西さんが来ていて談笑しているとクラブの多田さんも来て、今日で竿収めまた来年宜しくと皆に一応の挨拶。

石川さんと浦西さんはピーヤの瀬、多田さんは不動の瀬に行くと言うので自分は大将が今日は人が少ないと言う辻の生コンの瀬に。

生コンの瀬、何時も人が多いので今年は今日が初めて(最初で最後)。グラウンド前の駐車場に着くとコロガシのおじさんが着替え中だが他に車は止まっていない。

川に降りると去年来た時とは川がかなり変わっていて何処で掛るかちょっと不安だが人が居ないので何処でも入れ、コロガシのおじさんが少し下流に入ったので大岩の直ぐ下に入り、オモリ2号と背針のセットで水中糸メタコンポⅢの0.1、鼻カン廻り1号のワンピース(40cm)、針はがまかつ流の8号、ハリス1.5号と一寸細目(不安)の仕掛けで9時スタート。

大岩廻り、浦西さん情報では昨日は全然掛らず下流のチャラ瀬で少し掛ったそうだが、新しい食み後も少しだが有り大石の手前に黒く磨かれた石が縦に並んでいたので、其のあたりをオトリを引き上げていると5分位で小さいが重そうなアタリ。

直感でデカいと感じ曳舟を外し(流されないように)竿を立てると中々の重量感で浮かない。10m程ついて下がり河原に出て我慢、仕掛けが細いので迷ったがねぎたろうさんの最新ブログで全部引き抜きパーフェクトを見ていたので、此れだと思い野鮎が浮いた瞬間引き抜いた。

玉網に入った鮎、かなりデカくもしかして尺鮎かと思いオトリには使わず(根掛りロス防止)同じオトリにもう一度出てもらい同じ付近を泳がしていると、目印が吹っ飛ぶアタリで25~6がまた直ぐ来てくれた。

天然のオトリが取れたので大岩の一寸上で泳がしていると、また重量感のあるアタリ、またまた曳舟を外し、10m程下らされ河原で引き抜く。今度のは最初の奴より少し小さめで囮に使おうと鼻カンを通し背針を付けようとすると水中糸が編み込みの少し上から切れ仕掛けを交換。

仕掛けを交換しているとき3人組が来て上流の瀬肩、川を切って左岸、もう一人がコロガシのおじさんの下流に入る。

この人が声を掛けて来たとき時計を見ると9時40分、約35分で3匹と上出来のスタートでもしかしたらと欲がでて25~6をまたオトリに使うが後は全く掛らなくなり挙句に大石の前で根掛り、外そうと粘るが外れず仕方なく仕掛けを切る。

時間も昼前になり気分転換に昼食を取りに車まで行っていると、ピーヤの瀬に行った浦西さんが友人と来たので二人の釣りを見ながら昼飯。

昼食を済ませた1時頃午後の部再開で大石から下流を釣り下がるが,コロガシをしている所は全く気配が無く下の瀬の肩の前まで下り、立ち込んで左岸寄りの浅い所で久しぶりのアタリ、難なく浮いてきたのはチビ(他では良型)で口掛かり。昨年まではこの辺りは最高の好ポイントだったが瀬尻まで全部試すが全く掛らず。

浦西さんもケラレ2回で全く掛らず二人は病院前に瀬変わり、自分は最下流のチャラ瀬に行ってみる。
石は小さいが綺麗で水が引いたため少し波立ちもあり、波立ちの出始めの辺りで目印が吹っ飛び良型の25~6の雌が背掛りで。

しかし此処もこの1匹で欲というノイズが出ているのか全く駄目。

今度は荒瀬の瀬肩まで戻り、未使用の養ちゃんにオモリ5号と背針で瀬を釣り下るが1度アタるも針が外れバラシ、大岩の下まで釣り下がり1匹追加したころ雨が来そうになり納竿。

着替え中釣り仲間の大山さんが来て一緒にタチバナに寄り検寸、、此れが31cm(自己タイ記録)で3年ぶりの尺鮎、この時浦西さんから大将に電話が有り病院前で尺が掛ったとの連絡。

一緒に喜びたかったが遅くなるので諦め家に帰る。


少し変わった下流の瀬
024

大岩
023

良く肥えた尺鮎(雌)
028

浦西さんと友人
029

荒瀬
031

上29.5cm(雄) 下31㎝(雌)
032

3年ぶり
035

280g
037

まだ若い奴も
038

雌の尺鮎初めてで真子美味しかった
003

今回の尺鮎、最悪だった吉野川が見るに見かねて釣らせてくれたのか、良い偶然が幾つも重なり運よく連れました。(ねぎたろうさんのブログや小沢剛のユーチューブを参考に)


今日で今シーズンの鮎釣りを終了します。今後は里山登山、海釣りにとまたまた出かけますのでよろしくお願いします。

釣果 22~31cm 5匹  バラシ  根掛かりロス1 針外れ1


最後?の金生川

令和二年九月二十七日(日)

週末金曜日の雨でまた各河川が増水、吉野川に行きたかったが無理なので今回も金生川。
佐藤師匠に、西条の岡村さん、師匠の友人で昨年鮎釣りを始めた石川さんも来て師匠の勧めで石川さんと国道下に入る。

水位は3~40cm高で此処の釣りには良さそうな感じ。石川さんが国道のすぐ下、自分は瀬肩で9時頃スタート。

囮は直ぐ変わったが後が続かず、葦をかき分け無理して瀬も試すが全く掛らずまた瀬肩で辛抱。
ロケット噴射が有ったりで昼までに3匹。石川さんも同じような状況で3匹。

昼食後は群れ鮎が見えている国道の上下を釣り、最後群れ鮎3連発した後雨が降り出し惜しみながら何とかツ抜けで納竿。


007

国道下
006

瀬肩の石川さん
001

昨年始めた石川さん(凄腕)
004


002

師匠
005

石川さんお疲れさんでした、とっても楽しかったです。

今回で金生川は終了予定(来週、吉野川チャレンジ)です。

師匠、今年も大変お世話になりました。また来シーズンも宜しくお願いします。

釣果  19~23cm 11匹  バラシ ロケット噴射1回

立山登山 DAY3 DAY4

令和二年九月二十一日(月)

DAY3 山荘で朝食を済ませ不安と期待に心を弾ませながら6時40分、雄山、大汝山に向けて歩く。

嫁さん前日までは一の越山荘までと言っていたが、朝になり雄山を目指す事にしたそうで二人とも立山の山頂を目指す事に。

一の越山荘までの綺麗な登山道を登って行き、時々振り返ると黄色く色つき始めた室堂平、雷鳥沢には沢山のカラフルなテントが目を楽しませてくれる。

一時間程で一の越山荘に着きトイレを済ませ少し休憩。此処からが登山の本番らしく岩場、ガレ場の連続で足元に注意を払いながらユックリ登る。

嫁さんは歩くのが遅いので後からユックリ行くと言うので此処から分かれて登ることに。

足元に注意しながら、標高が上がる度に変わっていく絶景を楽しみ登ること1時間程で雄山山頂(3003m)に。

雄山山頂で記念写真を撮ってもらい、荷物を山頂小屋にデポして立山最高峰の大汝山(3015m)に登り此処でも順番を待って記念写真。

雄山まで戻ると嫁さんが丁度到着したみたいで二人そろって記念写真。

山頂小屋で昼飯のカップラーメンを食べ1時間程絶景を楽しみ下山、下山は登るより危ないのでストックを仕舞い三点指示を心掛け時間をかけて降りる。

一の越山荘まで下ると後は安全な登山道で一安心、室堂ターミナルに近ずくにつれガスが出てきたがPM1時半無事下山。高原バス、ケーブルカーを乗り継ぎ立山駅まで戻り、車で今日の宿泊先、高岡市にあるアパホテルまで走る。

チェックインを済ませ、最後の夜なので美味しいものをと情報誌に乗っていたお店で夜御飯。一寸贅沢な御飯を食べホテルに戻り就寝。

明日は一寸だけ兼六園に寄る予定。

山荘の朝食
214

登山スタート
215

整備された登山道
216

振り返ると・・・
221

祠堂
222

一の越山荘
224

槍ヶ岳が
227

此処からが本番
229

山荘が小さくなってきた
231

室堂平と雲海(絶景)
234

疲れも吹っ飛ぶ絶景
235

北アルプスの山々
240

一等三角点(雄山)
242

雄山神社(雄山山頂)と人々
245

初3000mで一枚
246

御前沢雪渓(氷河)だと思う
250

剱岳(岩と雪の殿堂)山頂が
253

雄山山頂小屋、直ぐ向こうに五色ヶ原?
262

264

立山最高峰、大汝山(3015m)にて
274

雄山山頂(雄山神社)
276

足元に気を付けて
277

嫁さん雄山制覇!
278

標高3000mで初ラーメン
279

岩場を何とかクリアして
283

下山と同時にガスが
284

ボチボチ紅葉が
286

一寸贅沢に
322


新築(3月)のホテルで
287

22日(火)

DAY4 連休最後の今日は嫁さん希望で兼六園に少し寄り道して帰る。

帰るのが遅くならないように足早に兼六園を散策し隣接する金沢城も少し見学し、am10時兼六園を後にし7時間掛けて無事帰宅。

兼六園
333

323

金沢城
339

343

前田利家像
344

今回の北陸4日間の旅、出会った人たちの最高の笑顔や親切、そして最良の天気に恵まれ心に残る旅になりました。


ギャラリー
  • 鮎釣り最終日に尺鮎(吉野川)
  • 鮎釣り最終日に尺鮎(吉野川)
  • 鮎釣り最終日に尺鮎(吉野川)
  • 鮎釣り最終日に尺鮎(吉野川)
  • 鮎釣り最終日に尺鮎(吉野川)
  • 鮎釣り最終日に尺鮎(吉野川)
  • 鮎釣り最終日に尺鮎(吉野川)
  • 鮎釣り最終日に尺鮎(吉野川)
  • 鮎釣り最終日に尺鮎(吉野川)
  • ライブドアブログ