バラシの森Ⅱblog

磯でグレ、夏は鮎時々近くの山にも。

令和4年5月22日(日)

蔓延防止が解除されクラブキザクラ香川のチヌ釣り大会が荘内半島、淡島と志々島で行われ
濱ちゃんと一緒に参加した。

DSC_0115


DSC_0116



参加人数20数名でクジの番号が12までが志々島13~が淡島で引いた番号は10、濱ちゃんは9番で二人とも志々島。

志々島は初めてで降りた所は島の北側の岩場、降りると直ぐに撒き餌をして釣り始めるが餌取のフグの猛攻。

DSC_0117


DSC_0118


サシ餌をオキアミ生、ボイルとローテーションするもフグの猛攻はカワセず練り餌(食い渋りイエロー)に替えると初アタリ、ゆっくり待って合わすとフグでは無い重みが竿に乗り志々島初のチヌがたま網に。

DSC_0119


連荘で来るかと打ち返すがそのその後はまたフグのアタリばかり。隣の磯の斎賀さんもアタリは全くないようで此方まで遊びに来た。斎賀さんと暫くお喋りし再開するが状況変わらず早めの昼飯。

DSC_0120


DSC_0122


DSC_0121


AM10時頃干潮で潮が動き始めた11時頃、久々のアタリを合わすと少し小振りだが何とか規定サイズの30cmはありそうなのが来てくれ何とか大会規定の2匹を確保。

その後はまたアタリは無くなり唯一ギンポが来ただけで12時半納竿。

各磯の皆も表情は硬く何所も激渋みたいで殆どが坊主、小さいが2匹(規定2匹の重量)釣っているので淡い期待をして帰港。

検量をしてもらうと1.3K一寸で1匹だけの人より軽く志々島組では3位、1時間後に淡島組が帰ってきて5位までの中には入れず撃沈(4位、5位は1匹の人)。

DSC_0129


撃沈のチヌ釣り大会だったが20数名中、倹量7名と殆どが坊主の激渋の中、取り合えず既定の30cm以上が2匹釣れ、初めての志々島が何となく判り皆との再会で楽しい大会になりました。

釣果 チヌ32cm~38?cm 2匹   バラシなし           



令和4年5月3日(火)

ゴールデンウイークの真ん中、3日に雪の大谷を嫁さんと見に行った。前日午後7時前自宅を出発、約7時間余りかけて立山駅に着き、3時間ほど仮眠、軽く朝食を摂り当日切符を買いに行くと既に大勢が並んでいる、予想はしていたが10時発の便になったので立山駅周辺を散策してみた。
019


016




室堂に着くと天気は最高に良くガスも出ず3時間ほどの室堂散策だったが息を飲むほどの絶景を堪能できました。

DSC_0061


DSC_0070


052


087


089


076


097


109


119


137


152


YouTubeにUPしました↓
https://youtu.be/BPisgBhPvdw

今回の立山観光は天気が不安で切符を予約してなかったが運よく10時に乗れ天気にも恵まれ最高の観光になりました。

令和4年4月16日(土)

剣山で日の出を拝み、丸石までプチ縦走してきた。出発前ヘッドライトと老眼鏡が車の中で雲隠れ何とかヘッドライトは見つかったので予定より少し遅れて出発。

ギリギリ日の出に間に合い老眼鏡が無いまま撮影し、丸石目指して早々に山頂を後にする。次郎岌はパスしてトラバース、縦走路にある水場の確認をするが水は出てるが雪解けがある割には一寸少ない。

水場を過ぎ次郎岌との分岐を超える晴天の縦走路を満喫し初丸石山制覇。此処で遅い朝飯を摂り暫く休憩。

奥祖谷かずら橋に降りるとロードが長いのでピストンで下山、時間も早いので次郎岌にも登り下山は遊歩道経由で下る。

下山途中、膝が痛み出したが休憩や絶景を楽しみながら下るといつの間にか降りれていた。

今回の山行、朝からハプニングでどうなるかと思ったが天気は最高で初めて登った丸石山からのパノラマが最高で大満足の山行になりました。


001


002 (2)


005 (2)


007


015


020 (2)


024


032


037


046


051


053


080


089


128


148


171


183


YouTubeにUPしました↓
https://youtu.be/9FzkmQqFIHo

↑このページのトップヘ